海外旅行トラブル

海外旅行で注意しておきたい財布が紛失した際の対処法について

更新日:

 

海外で財布を紛失してしまった時は、まず真っ先に警察に行きましょう。

クレジットカードが入っていた場合は、すぐにカード会社に連絡して停止するのが先決です。

パスポートが入っていた場合は、大使館か領事館に連絡します。

 

まず、近くの警察に行き、紛失証明書や盗難証明書を出してもらいます。

紛失証明書や盗難証明書は、パスポートの再発行や保険を請求する時など、後々必要になります。

財布を紛失した場合、海外で戻ってくることは、ほぼ絶望的です。

運良く戻ってくれば儲けもの、という気持ちでいたほうがいいでしょう。

 

カードが不正に使われてしまっても、保険に入っているはずですから、慌てずに落ちついて対処しましょう。

とはいっても、早急に手を打つに越したことはありません。

主要なカード会社なら、緊急再発行カードがあり、滞在先や受付デスクで受け取れます。

キャッシングができるカードであれば、お金が1円もない場合でも、工面できるまでしのぐことができます。

 

大使館か領事館に行けば、パスポートの再発行が受けられます。

すぐに帰国する必要があるなら、帰国のための渡航書の発行を求めましょう。

財布に全財産が入っていた場合は、日本の家族に送金してもらえるよう、ここで手配をお願いできるはずです。

ホテルにも1円もなく、予備のクレジットカードも持っていない場合は、ここで借りられる場合もありますのでお願いしてみるといいでしょう。

 

海外旅行保険に入っているなら、サポートデスクに電話をかければ、日本語で対応してくれるはずです。

万が一、紛失証明書や盗難証明書が貰えなかった場合も、免除される可能性があります。

状況を良く説明して、できる限り有利になるように最善を尽くしましょう。

通常、海外旅行保険では現金は補償の対象外ですから、現金の持ち歩きは必要最低限にしておくべきです。

 

言葉の通じない異国で無一文になり、頼る人もいない状況になると途方にくれそうですが、打つ手は必ずあります。

かばんごと盗まれて携帯電話もないという時は、コレクトコールを使うという手もあります。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • この記事を書いた人

蘇峰(Sohou)

-海外旅行トラブル
-,

Copyright© ゼロ旅|ゼロから始める海外旅行~初心者絶景の旅~ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.